Views:420
公開日:2022年02月11日更新日:2022年02月11日

関係の中で信頼を深める時期

親密な対人関係を通して、自分自身を経験する時期です。

7ハウスの司る対人関係とは、みずから選んだ相手との関係。結婚相手や仕事のパートナー、師匠や先生やコーチ、親友や上司なども含まれるかもしれません。ただの知人や多くの友人より、もっと近く、相手の言動が、自分自身に影響するような相手。その関係が7ハウスの象徴するものであり、そんな相手との関係によって、これから先の自分も変わってくるようなときです。

土星が7ハウスにやってくると、普段よりも彼らとの関係が重要に感じられるでしょう。関係のなかで、相手から求められていることに負担を感じるかもしれないし、逆に自分の求めていることが満たされていないと感じることもありそうです。

前から薄々と気になっていた、関係のなかの欠陥的な部分に向き合う必要が出てくるでしょう。自分の満たされないものが、足りないにせよ、負担が多すぎるにせよ「相手のバランスのせいだ」と感じやすいときです。精神的な負担によって心の平穏が乱されるかもしれませんが、そこに意識を向けていく時期です。

いろいろな思いが去来して「本当にこの人でいいのかな」という思いがたびたび生じるでしょう。場合によっては、この時期に終わりを迎える関係もありそうです。特に信頼がないし、回復の見込みもない場合は、別れとなる可能性があります。

7ハウスにとっては大切なカギは信頼とバランス。互いの求めているものや得ているもの、価値観などのバランスが崩れて、信頼を感じられなくなると、それ以上、関係を維持することが難しく感じられるでしょう。

しかし、そのようなことが起きたときに、誠実に対応することで、逆に関係が改善されて、前よりずっと良いものになる可能性もあります。そのために大事なものは信頼とコミュニケーション。そして、お互いが何を求めて「一緒にいること」を選んだのかを思い出し、そのための意欲を新たにすることです。

シンプルにそこに立ち戻って、相手との約束を果たす努力をすることが関係改善のきっかけとなるでしょう。うまくいくことも、いかないことも、どんなことでも向き合って話し合い、一緒により良くなるための努力を誠実にできれば、より深い信頼で絆が結ばれることにもなるでしょう。

これから土星は15年かけて、出生チャートの地平線上を通過していくことになります。これまでのあいだにしっかりと自分と向き合って準備してきた人は、ここから先に大きな活躍が期待できるでしょう。

7ハウスを土星が通過するこの時期は、他者からの期待や要求に応えることを学ぶ時期です。求められていることにしっかりと応えてみせることで、他者とのあいだに信頼の基盤を創り出すことができるでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告