これから! 中国トップ習近平さん

記事公開日:2014/11/23

今回は中国の国家主席である習近平さんを拝見です。

選定に特別な意味はないのですが、先日安倍総理と首脳会談されましたね。笑顔がないとか日本だけ非公式扱いにしたとか色々あるようですが、しっかりその背景をみていくとただ単純に日本をないがしろにしてるわけではないみたいですね(色々事情があるという意味で)。
ちなみに国家主席とは大統領に相当するのだそうです。

習近平さん
1953年6月1日生まれ

Age:61
Birth Year:7
Transit Year:2
Compass Year:7
Navi Year:9

習近平さんの本質をあらわす数字は7(THE CHARIOT)。社会での成功が目的であり、それを達成するには止まらず休まず走り続けます。ナンバー1になるためには何でもやるでしょうし、結果も早く出したいのでとてもアクティブに動く性質があります。
意思みたいなものを示す数字も7ですから、なかなかの7っぷりです。

7の性質で中国のトップになっているわけですから、ある意味目標は達成されたのでしょうけど、次なる目標は…世界の頂点ということになるのでしょうね。中国視点で領土問題があるのは頷けます。

習近平さんの出世=社会的成功を少しだけ覗いてみますと、2000年、47歳、人生の22年周期(=インフィニットアルカナ)では10(THE SPHINX)の時に福建省長になられたことが出世街道の1歩目だったという印象があります。10は現実フェズの集大成の時です。

人生の22年周期

2007年、54歳、17(THE STAR)の自らが輝くタイミングで、党中央政治局(中国共産党を指導し、政策を討議・決定する機関)入りし、同年には一気に中央政治局常務委員(中国共産党の最高意思決定機関)にまで昇格し「二階級特進」という凄まじい出世を果たしています。

そして2013年、60歳、1(INITIATION)の時に現在の地位となりました。1はがらっと変わり、はじまりの1年であり、そこからの10年を決める年になりますから、当面は習近平さん体制なのかな…と思わされますが、国の話しですから、一個人の周期だけでみるのは単純過ぎるかもしれません。

22年周期の流れでみますと、次の誕生日までは少し落ちついて頂いた方がよいかもですね。アクティブさを発揮するのは3(NATURE)になる次の誕生日以降がよろしいのではないかと思います(2015年の誕生日以降)。それが日本にとってよいのかは謎ですが…。

事実上国家をコントロールできる立場の方が、現実フェイズ前半から7の性質で行動していくというのは、ある意味頼もしく、ある意味怖い部分もありますね…。

コラムの一覧を見る

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告