LINEの速さについていけない…

コバヤシがお答えするお悩み相談、今回はSNSでのコミュニケーションについてのお悩みです☆
文字やスタンプでのスピード感あるやり取りに、正直ついていけない感覚がある人は意外と多いんじゃないでしょうか!?
かと言って、もはやSNS抜きでは友達や仲間との付き合いが成り立たないのが現実…!
何とかこのお悩みの状況を打開する手はないものか、コバヤシ真剣に考えました!!

ユーザーからの質問
「ラインなどのやり取りが苦手でKYにならないように色々考えてから発言しようとしているのですが、その時間が長すぎて別の話題になってることがあります。その状況に応じたことがすぐいえるようにするにはどうすればいいでしょうか?」

まずは気楽に、早めの相づちを!

質問者さんはもしかしたら、自分は発言する前に考える時間が長すぎる…と、あなたの欠点みたいに捉えていませんか!?
相手や周りへ配慮するからこそ、きちんと考えた上で発言したいと思う気持ちは、とっても素敵だと思いますっ!!
考える時間が長いのは、他人に思いやりができるというあなたの美点ですよっ☆

そもそも、素早く自分が思う通りのきちんとした返信をするなんて、誰でも難しいもの。
特にグループLINEなどで、会話が盛り上がってメッセージの応酬がどんどん加速していくと、難度はどんどん増すばかり。
どう発言したら良いか迷う時間が長ければ長いほど、流れに乗るのが難しくなってしまいますよね〜!

そこでオススメしたいのは、会話が盛り上がる前の早めの段階でひとまずリアクションしちゃうということ☆
と言っても「やっぱり急いでお返事しなきゃダメ!?」ということじゃなく、「とりあえず簡単な相づちを返しておきましょ〜」という提案です♪
あくまで気楽に、早めの段階で、短い相づちで一発リアクションしておくという手はいかがでしょうか!?

相手の気分が良くなる
相づちとは?

では、例えばどんな相づちをしたらいいのか?
簡単で短くても、受け取った相手が気持ち良くて、できれば自分が話に興味を持っていることが伝わるような相づちがいいですよね!!
というと、基本的にはこんな感じ☆

「えーっ(知らなかった)!」
「それでそれで?」
「なるほど!」
「うんうん!」
「さすが!」

こんな簡単な一言なら、迷わず気楽に返せそうな気がしませんか!?
上記の例は、受け取った相手が次のメッセージを出しやすくなる相づちを集めています♪
一度こうした短い相づちを入れておいたことで、改めてきちんと内容のある返信を書くにも、気持ちの余裕が持てると思いますよー!

伝え足りないことは
会った時にフォロー

とりあえず相づちは出来たものの、やはり自分の納得できる返信は出来なくて、モヤモヤが残ってしまうこともあるかも。
本当に言いたかったことって、後になって頭の中でまとまってくるものですよね!
かと言って、LINEなどで「さっきの話だけど…」と話を戻すのはますます難しい〜。

そんなときは、直接会った時とか電話などでフォローしましょ!!
相手と深くコミュニケーションを取ろうと思ったら、やはり対面して話すのが一番。
SNSの場で無理してきちんと話そうと頑張るよりも、改めて顔を合わせて話した方が、ずっとスムーズに相手に伝わるはず☆

その時に「LINEだと会話の速さに間に合わなくて相づちで精一杯なんだ〜」と笑って話せば、今後のやり取りも気が楽になりそう♪
流れについていけなくて何も発言できないことがあっても、前より気にならなくなるんじゃないかと思いますっ。
それに、同じように感じていて「わかるわかる〜」なんて言う人が、意外と仲間内に他にもいるかも知れませんよ☆

ぜひあなたらしい
コミュニケーションを!

相手ときちんと関わりたいという気持ちを大切にして、ぜひあなたらしいコミュニケーションを楽しんでください!
乗り切れない話題に対して、無理に加わろうとしなくても大丈夫☆
入りにくい話題であれば、簡単な相づちで「皆の会話を楽しんでいるよ〜」とアピールしながら乗り切って♪
そしてあなたが話しやすい話題が訪れた時に、楽しく加わって盛り上がりましょう!!

卒業シーズン、転勤シーズンの春は、LINEなどでのコミュニケーションが何かと活発になりがち!
全ての話に加わろうと頑張り過ぎず、ぜひあなたなりのタイミングとスピードで、会話を楽しんでください〜〜☆

あなたらしさ、って?

自分らしさ、個性を知るには次の占いがおすすめです!

太陽と月が導く性格診断
わたしたちは内側にさまざまな顔を持っています。それは多様な資質や才能や可能性であり、いつでも活躍するチャンスを待っているのでしょう。自分ですでに気づいていて、発揮している才能と、まだ秘められていて飛び出すチャンスを待っている可能性。自分自身のなかにどんなに豊かで多面的な資質があるのか占ってみましょう!!

コラムの一覧を見る

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告