風水で開運③ 健康編

キッチンはカラダを作る聖域

キッチンはカラダに直接摂り入れる食事を作る場所。
ここが汚れていると、乱れた気を食事と一緒にカラダに取り入れることになってしまいます。
広くても狭くてもキッチンはいつもキチンと片付けて、清潔な雰囲気で統一するように心がけましょう。
もちろん、使う食器や調理器具もいつもきれいにしておいて。

食べるものも、栄養価の高いもの、キチンと作られているもの、添加物の少ないものがベターです。
自分のカラダはあなたが食べているもので作られていることを日常的に意識してください。

植物の力で英気を養って

心地の良いエネルギーや気は、いきいきとしているものに寄ってくるもの。
人工的に作られたものより、生きているもの……樹木や草花には生きたエネルギーが多く集まってきます。

現在の家はどうしても以前の日本と違って自然環境が少なくなりやすいもの。
戸建てに住んでいて庭がある人ならともかく、マンションやアパートだったり、庭のスペースがなかったりする場合は、部屋に観葉植物や草花を多く飾ると良いでしょう。
ベランダや窓辺をグリーンのスペースにして、部屋のなかのエネルギーを活性化させることで、その部屋に住む人の気力もイキイキとしてきます。

寝ているあいだに運気チャージ

毎晩の睡眠は身体を休めて疲れを取るだけではなく、その人の運気をチャージする大切な時間でもあります。
ですから、しっかりと安眠できるように寝具や寝る方向などに気を配りましょう。
寝具はいつもしっかりと清潔にしておきたいもの。
シーツやタオルケット、布団カバーなど、直接触れるものはコマメに洗濯するようにしましょう。

大きく運気をチャージしたいときは、新しいシーツ・カバー類を使うのがベター。
寝具の布類は古くなるまで使うよりも、消耗品だと思って、一定期間毎に新調するのが良いでしょう。
ちなみに寝る方向は「頭寒足熱」にある通り、北枕がベター。
北枕は不吉な感じがすると思われやすいものですが、実は最高位の配置です。
次にベターなのは東枕。避けたほうが良いのは南枕です。

寝室は天然素材で

寝ているあいだに気をチャージする寝室の環境は、意識してていねいに整えたいものです。
風水では自然の形に近づけることが、良い気を流すコツ。

寝室に人工的なもの、デジタルなものを置くことは最小限にとどめて、なるべく自然素材のものを選ぶようにしましょう。
寝具の布類も化繊より自然素材のものがベターです。

コラムの一覧を見る

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告