暗い物置をリフレッシュ

風水:暗い物置をリフレッシュ

納戸や物置は暗くて狭く、窓が小さいか、ついていない……という環境が多いもの。そんな場所に普段使わないものが山盛りになっているため、エネルギーが暗く沈んだ陰の状態に傾きます。

陰の気は住まう人の気持ちを暗くさせたり、身体を重くさせたりするため、陽の気でバランスをとる必要があります。物は三年使わずにいるとみずから陰の気を発するようになりますから、納戸や物置に何年も使わないものを入れっぱなしであることはNG。少なくとも一年に一度は中の整理整頓をして、使う予定のない物は処分していきましょう。

どうしても捨てられないものは定期的に陰干しをして、陰の気を発散。暗くて、湿気の溜まりやすい納戸や物置には明るい電球を使い、換気を良くすることを心がけ、物を詰め込まないようにして、生花や植物を置いておくのがベター。ジメジメした陰の気の溜まりやすいスペースを、少しでも快適な空間に変えていきましょう。

風水コラムをもっと見る

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告