蠍座木星で占う2018年開運のテーマ 解説

木星について

占星術における木星の通過は、あなたの生まれ持ったホロスコープ・チャートのどこの配置であったとしても、その場所のテーマに恩恵と快適さをもたらします。

木星が通り抜けている期間、そのテーマに関してはすいすいと流れるように進みやすく、やりたいことを容易に実現できるでしょう。

木星は個人により多くの体験と知識を取りこむことを助ける惑星です。
個人と世界のつながりを作り出して、活躍の機会を増やそうと働きかけるでしょう。

成長、拡大、発展の象徴であり、わたしたちが意図したものを広げることを助けてくれます。
視野や行動範囲を広げようとしますが、怠惰にダラダラした時間を増やす、美味しいものを食べ過ぎて体重を増やす、ルーズさを増長させて遅刻や欠勤を増やすといったことも起こすので、あくまでどこに意図を向けるのか、ということが大切。

木星はとても強く社会的な広がりをもたらします。
さまざまなものとのつながりを作り出す働きがあるため、活躍の場や顧客、ビジネスパートナーなどとの関係を増やすでしょう。

また木星は、法律とも関係するため、うまく法の力を味方につけることもできますし、ネガティブに出ると法的な問題が生じる可能性もあります。

ホロスコープにおいて木星が滞在するハウスは、これから成長していこうとする分野を示しています。
木星はおよそ1年かけてひとつの星座を通過し、12年かけて12星座をひとめぐりするため、毎年その時々の木星が通過しているハウスや星座を意識的に成長させていくと、12年であらゆる方向に自身を大きく発展させられるでしょう。

これは人の成長のためのプロセスです。
どこに木星がやって来ているのであったとしても、そのテーマに意識を向けて挑戦することで成長が見込めます。
木星は増やす働きがありますが、許容できる以上のものを求めすぎないことも大事。
広げるだけ広げて着地できない、たためない、というのであれば、かえって信用を失うことにつながりかねません。

しっかりと地に足をつけて、意図を持つことで、木星は生来の資質を成長させながら目的を達成させることを助けてくれます。
あなたのホロスコープ・チャートのどこを蠍座の木星が通過するのかを確かめて、意欲的にみずからを成長させていきましょう。

生年月日・出生時刻・出生地

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告