蠍座木星で占う2018年開運のテーマ 結果

◆木星が第4室を通過するとき◆

自分を支えてくれている背景を大切にしたい1年

日頃の自分自身を支えてくれているバックグラウンド……家族や住んでいる土地を意識的に大切にしたい時期です。
あなたを背後で支えてくれている人たちとの関係から、自信や自己肯定感を養うことができるでしょう。
なにが起こっても受け入れてくれる、応援してくれる、という基盤があることで、わたしたちは安心して外の社会でも堂々と活躍することができます。
たまにでも良いので、家族と共に過ごす時間を作って、おたがいにいまやっていることを報告し合ったり、たわいもない交流を楽しんだりすると良いかもしれません。

また自宅を心地よく整えることが、精神的な安定感につながるときです。
物を片付けて、音と風の抜ける広々としたスペースを作るように心がけ、お気に入りのインテリアや植物などを揃えると、毎日帰るたびにホッとして、素の自分に還りやすくなるでしょう。
この期間に広めの家に引っ越したり、不動産を購入したり、家をリフォームして憧れのものに近づけたりするには、良いタイミングです。
好きなものを収集することも、心の安定につながるでしょう。

あなたがのびのびと心地よく過ごすほどに、気持ちが寛大となって、他の人たちのことまでもてなしたくなるかもしれません。
人を招いて和気あいあいと楽しく過ごすことで、安心と信頼が広がり、それはまた、あなた自身の力へとつながります。

また、別の観点でこの期間は子ども時代に過ごした家のことを詳しく知るのに適したタイミングです。
年長の家族に家のルーツや土地のことを尋ねてみたり、自分で調べてみたりすると、いまの自分自身の持っているクセやパターンの出自がわかるかもしれません。
実際に縁のある土地を歩いてみたり、祖先のお墓参りをしたりすることもよさそうです。

一緒に暮らしている人との関係がとても重要なときでもあるでしょう。
良くも悪くもその人との関係が安定していれば、あなたも心地よく過ごせます。
より大きく活躍するためにも、家と家族との関係を、いつも風通し良く気持ちいいものにしておくことを意識していきましょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告