蠍座木星で占う2018年開運のテーマ 結果

◆木星が第11室を通過するとき◆

未来のための種をまく1年

自分自身の理想と将来に対する希望を明らかにする時期です。
あなたと同じ価値観や信念を持っている仲間の存在が重要なときであり、その仲間たちとの活動を通じて、人生の経験を広げていく期間となるでしょう。
ひとりでは成し遂げられない理想も、共に働く仲間たちの存在によって現実に近づきます。

他者との共同作業のなかで学ぶことがおおいにあるでしょう。
またその関係を通して、自分自身についての理解が深まるときです。

友人の存在はとても重要です。
彼らに支えられ、助けられることの多い時期となるでしょう。
そしてあなたもまた、みんなの活動を支えることで、相互に応援し合うような深い友情が育まれていきます。
誰と付き合うか、どんな活動のグループに属するのか、それを選ぶことが非常に大切です。

この時期のあなたは普段よりも世界に対する理想が高まりやすく、そしてそれが実践されるように強く働きかけたくもなるでしょう。
社会がより良くなることを望み、少なくとも自分と仲間にとって、何らかの成果を生み出そうと尽力する可能性があります。

もし、大きな社会的な理想を持たなかったとしたら、単に自分自身のためだけに、環境を個人的により良く変えようとする期間となるでしょう。
しかしこの時期において利己的な欲求からはじまったものは、長く続かない傾向にあります。
自分のためであり、みんなのためにもなる。
そんな理想のために働くことが大切なときです。

この時期のあなたがまいた種はやがて大きく育って、あなた自身に大きな実りをもたらすでしょう。
利己的なおこないからまいた種は利己的な報いとなって返り、友人のためのおこないは、他者からの援助となって返り、社会のために働いたことは、より良い社会の形として、やがて近い未来のあなたの前に現れるかもしれません。

仲間と一緒に社会を変えようとする経験は、あなた自身を大きく成長させるでしょう。
しかし、そのためには誰を仲間に選ぶのか…その信念がどんな思いから発せられているものなのか、しっかりと見極めることが大切です。
どんな仲間に惹かれるのかということから、いまのあなたの内側にあるものが見えてくることもあるでしょう。

仲間と共に霊的な学びを深めることも大きなプラスとなりそうです。
偏りのない、より普遍的なものから学ぶことが大切。
良い学びと出会って、深めるにつれて、まだ自分でも知らなかった、自分自身の本質が明らかになることがあるでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告