山羊座土星で占う2019年の課題 結果

◆土星が第5室を通過するとき◆

自分と向き合い、自分らしさを創り出す時期

土星

自分自身が心からワクワクすることを楽しみ、表現するのが5ハウスのテーマです。
ここに土星が通過するときは、単に楽しく過ごすばかりではなく、「どんな風に表現するのが自分らしいのか」ということとしっかり向き合っていきましょう。
いつも何気なくやっていること、盛り上がっていることに対して、もっと意識を向けて、そこにどうしたら自分らしさを織り込むことができるのか、意識して取り組み、より良いものを創り出すために努力する必要がありそうです。

そのために、しっかりと自分自身と向き合って「自分らしさ」とは何かをつかむことも求められるでしょう。
そして、そこからそれを表現する最善の方法を見つけ出すときです。

これまで楽しんでいたことが、急にむずかしく感じることがあるかもしれません。
たとえば子育てに対して責任を感じたり、恋愛を続けることにむずかしさを感じたりする可能性があります。
許されない恋をしたり、年の差がある恋愛をしたりすることもあるでしょう。
また、友達付き合いのむずかしさを感じて、新しい出会いに慎重になることもありそうです。
しかし、いまは他者との関わりのなかで自分らしい表現を学んでいくときですから、出会いの機会は作っていくのがベター。
他者との関わりを避けることは、自分にとっての成長の機会を避けることになってしまいます。
他者とのあいだでうまくいかなかったり、不快なことが発生したりしても、それは自分の心のなかにあるものを反映しています。
それを「避けるべきトラブル」と思わず、成長するための気づきと経験として受け止めていきましょう。

5ハウスは投機やギャンブルと関連する部屋ですが、そこに規則正しさを象徴する土星が通過するいまの時期は、あまり関わらないほうがいいかもしれません。

これまで簡単に表現していたことが急にむずかしく感じられるかもしれませんが、それは鍛錬することによって、より自分らしい良いものを生み出すチャンスだということです。
意識し始めているために、むずかしく感じているのかもしれません。
自分の内にあるものと向き合いたくないときはつらい時期となるかもしれませんが、この時期にしっかりと自分と向き合うことで、わたしたちは自分にしかできない何かを創り出し、自分にしかなれないものを表現できるようになります。

これは自分の人生を創り出し、表現するための基盤です。
【わたし】という人間が何者であるのか、そしてそれをどのように証明してみせるのか、しっかりと向き合った人だけが、世界にそれを示すことができるのでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告