水瓶座土星で占う2021~22年に向き合うテーマ 結果

土星が第7室を通過するとき

土星

パートナーとの約束を果たす時期

ごくごく親しい緊密な対人関係を通して、自分を経験する時期です。7ハウスの司るパートナーとは、あなたがみずから選んだ相手。結婚相手や仕事のパートナー、師匠やコーチ、親友や上司なども含まれるかもしれません。単なる知人、友人というより、もっと近しく、相手の言動が少なからず、自分に影響するような相手との関係が7ハウスの象徴するもの。そういった相手とのテーマに意識を向けていく時期です。

この時期、パートナーからいつも以上に多くのものを求められていると感じるかもしれません。あるいは、前から薄々感じて気になっていた、ふたりの関係のなかの欠陥的な部分に向き合う必要が出てくるでしょう。どちらにしても、その関係から生じる精神的な負担が、自分自身の平穏さを乱す原因となりやすく、それに対応することに多くのエネルギーを向ける必要があるときです。「本当にこの人でいいのかな」という思いが生じるため、場合によっては、この時期に終わりを迎える関係もあるでしょう。夫婦やパートナーとの別れがこの期間に起こる可能性があります。自分の持っている以上のものを求められたとき、あるいは相手の持っている以上のものを求めてしまうときに、それがあまりにも度が過ぎると、その関係は続けられなくなるでしょう。

しかし、そのようなことが起こったときに、うまく対応できれば、逆に関係が改善されて、前よりもずっと良いものになる可能性もあります。そのための方法はとてもシンプルです。あなたが相手に期待しているものはなんでしょうか? 相手があなたに対して期待しているものはなんでしょうか? そして、かつて、お互いに何を求めて「一緒にいること」を選んだのでしょう?

ふたりがシンプルにそこに立ち戻り、相手との約束を果たす努力をすることが関係改善の鍵となります。異なるふたりの関係をつなぐものはコミュニケーション。うまくいくことも、いかないことも、なんでも向き合って話し合い、ふたりで一緒により良い関係になる努力ができれば、絆がより深く信頼で結ばれるときです。

ここから土星は15年弱のあいだ、出生チャートの地平線上を通過することになります。これまでのあいだにしっかりと自分と向き合って準備してきた人は、ここから大きな活躍が期待できるでしょう。7ハウスを土星が通過するこの時期は、他者からの期待や要求に応えることを学ぶ時期です。相手の求めていることをきっちりと証明してみせることで、他者とのあいだに信頼の基盤を得ることができるでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告