水瓶座土星で占う2021~22年に向き合うテーマ 結果

土星が第10室を通過するとき

土星

これまでの努力が結実する大収穫の時期

私たちの社会的な自己実現が起こる、大収穫の時期です。土星が1ハウスに入ってから20数年かけて積み上げてきたことの結果が目の前に現れるでしょう。しっかりと努力をしてきた人には、それにふさわしい大きな実りが成果となって示されるとき。もし、準備を怠ったり、過程をさぼったりしてきたなら、そこに関する問題が目に見える形として表れるかもしれません。

仕事や社会生活において、実績が認められ、地位や名誉を得るときです。責任ある業務やポストをまかされて、より大きな力をふるうチャンスがやって来るかもしれません。もし、あなたに人を引っ張ったり、導いたり、教えたりする役割があるのだとしたら、それはここで揺るぎない立場となっていくでしょう。責任を引き受けたくない人にとっては、重さを感じて、面倒くさくなる時期といえそうです。しかし、たとえ気が進まなくても、責任をもって果たしていくことで、成果は得られます。

自分というたったひとりの個性をもった人間の才能と資質が開花して、世界に実績として示すことのできる、すばらしい時期となるでしょう。自分の才能、やれること、得意なこと、見せ方、どこでどのように自分らしさを表現すればよいのかなど、それらをすべて自分自身で理解したうえで、コントロールしながら、活躍できるときです。いまこそ、自分にしかできないことをしっかりと表現して世界に差し出し、まわりから高い評価と共に認められるときだといえるでしょう。

しかし、これまでのあいだに努力ではなく、ネガティブな要因を積み上げてきたのだとしたら、同じようにそれがすべて示されるときとなります。どこかでラクしようと手抜きをしてきたり、問題を片付けずに無視してきたり、敵を作って放っておいたり、苦手なことを克服せずにいたりした場合は、それ相応の結果が表れます。

またこの時期は対外的な社会活動が非常に活発になるため、対面の4ハウスにまつわるテーマがおろそかになりがちです。4ハウスの司る家と家族に対する絆と基盤を、しっかりと整えてきていれば、それらがあなたの活躍を背後で応援し、支えてくれるでしょう。しかし問題があるまま放ってきた場合は、それが大きなトラブルとなって、降りかかってくるかもしれません。

いずれにしても、この時期は土星のめぐる旅路のひとつのピークです。ここで大きな価値と成果をもたらしたのは、他ではなく、あなた自身だといえるでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告