Views:17
公開日:2021年05月10日更新日:2021年07月15日

いつも意識がオープンに開かれている人

水瓶座は狭い社会の制度の中に埋没することなく、自由で独立した意識を持ち続ける星座。社会の仕組みに取り込まれると、人は自分で考えることをやめてしまい、水瓶座はそれを危惧します。水瓶座の守護する天王星は、人が目覚めて生きること、惰性に陥ることなく、いつでもその瞬間に気づいているようにとうながすでしょう。

山火事は、それが起こった時の季節や気候、風向き、木の種類や密集具合によって、どのように広がるのかが変わります。ですから山火事が起こったときは、注意深く成り行きを見守りながら、柔軟にその都度、その都度で対処していくことが求められるでしょう。

これは問題対処能力を示すサビアン・ワードですが、そこにはマニュアルが存在しません。ある現象が起こったとき、その状態から知っている知識を当てはめて考えることは簡単にできます。しかし、それをしてしまうと、想定外のことが起きている時の初動の対応が後手にまわってしまうでしょう。どんなことに対してもしっかりと意識を向けて、何が起こっているのかを見定めることで、完全に問題に対応できるのかもしれません。

この度数を持っている人は、意識が常にオープンに開かれていて、どんなことも偏見を持たずにしっかりと受け止めようとするでしょう。起こったことに対して、マニュアルで対応するような手抜きはせずに、毎回きちんと自分で考えて、それに合ったやり方で向き合っていきます。

その誠実さは思い込みや偏見を捨てて、常に今をきちんと見届けるところに示されるでしょう。実力があり、誰からも信頼される人です。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告