Views:23
公開日:2021年01月23日更新日:2021年01月23日

長い時間をかけて自分を成熟させる人

ブランケットを編むという作業は、とても気が遠くなるような長い時間をかけて、丁寧で精密に縦糸と横糸を交差させながら織り込んでいく必要があります。ただ同じように繰り返して編むだけでなく、そこから描き出されるさまざまな紋様は、縦糸と横糸……自分の内側にある男性性と女性性、右と左、光と影といった、異なる要素を互い違いに紡ぎ合わせていくことで創られていくのでしょう。これは、そのような長い時間をかけて、理想の自分自身の完成をめざしていく度数です。

すぐに達成できるようなことをめざしてはいないため、なにか日々の生活のなかでくり返しながらできることを工夫して、淡々と積み上げていくことになるかもしれません。長い時間をかけて、じっくりと自分自身の統合をめざしていくこと、そのものが、自分にとっての儀式(セレモニー)といえるのでしょう。

この度数を持っている人は、内側のバランスのとれた人格者となることを、どこかで意識しているかもしれません。自分のなかにある、相反する質を組み合わせながら、モノづくりをすることもあるでしょう。なかには自然科学に興味を持つ人もいるかもしれません。自然の中のさまざまな、相反する要素から全体性を知ることを面白がることがありそうです。

いずれにしても違和感のあるものを切り捨てるのではなく、それを取り込んで、自分の一部にしようと努めるのかもしれません。精神的に成熟することをめざすようなところがあるでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告