Views:34
公開日:2021年03月11日更新日:2021年05月18日

パターンを鋭く見抜いて、
そこから解放する人

わたしたちの心は、その環境のなかで、みんなが当たり前にしていることを模倣するという特徴があります。

しかし、それはあまりにも無意識のうちに起こるので、いつしかその当たり前がパターンとなり、なにかがおかしい、なにかが苦しいと感じることがあっても、そこから抜け出せないという事態にもなるでしょう。「こうあるべきだ」という、ある種の権力による支配構造がパターン化していると、そこに抑圧されていることが苦しくても、抜け出すことができません。

ピエロはそんな権力者による支配構造や、世界で起こっていること、有名人などを面白おかしく風刺するでしょう。その特徴や思想を極端なまでに強調すると、みんなは笑い始めます。それは当たり前だと思いこんでいたことに気づきをもたらすことであり、また、それに対して深刻になりすぎていた自分を笑い飛ばすことで心を自由に解放する行為。気づきと笑いが起こった途端に、まるで夢から醒めたかのような、ハッとした目醒めがやってくるでしょう。

この度数を持っている人は、このピエロのような視点を持つことができそうです。ひとつの物事に対して、深く観察することで、その特徴をパッとつかみ、真似することができるかもしれません。そうすると同時に自分や人が陥っているクセやパターンを見抜いて、なにが起こっているのか、なにか深刻になりすぎていないか、気づくこともできるでしょう。

誰かを茶化したり、突っ込んだりしているときは、その人の支配や影響から逃れようとしているのかもしれません。パターンから離れて自由であることを求める心を持っているでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告