Views:31
公開日:2021年05月01日更新日:2021年07月15日

可能性をひらくために
新しい経験を求め続ける人

自分の内側にある理想や願望を、何かしらの目に見える明確な形として示したい、確認したい、というサビアン・ワードです。ひとつの前の星座である射手座は火のエレメントに属するため、その理想は自分に内にある概念のまま、具体的な形がなくても扱うことができました。しかし山羊座は地のエレメントに属するため、目で見て、触れて、誰から見ても「そうである」と再現できる形にしてはじめて、それを扱うことができるようになります。ですから、ここでは自分の内にある思いや理想を、何かしらの形に変えて示すことをめざすでしょう。

だけれども、それがどんな形のものであるのかということは、実際に取り出してみなければわからないかもしれません。内側にあるものを感じていても、それは開けてみてはじめて、形が明らかとなるのでしょう。

この度数を持っている人は、とてもアクティブな面があり、みずから新しい経験を求めて、さまざまな環境のなかへ飛び込んでいくところがありそうです。そのなかで手探りながら、自分の中で感じているものを、なにかの形としていこうとすることを試みるでしょう。

しかし、常に新しい経験や可能性を求め続けているために、取り出して、創った形に執着することはありません。創り出したものをずっと留めておくよりも、それを壊してまた別の角度の思いを形にしようとするところがあるでしょう。

スクラップ&ビルドのように、作っては壊しながら、自分の内にあるものをその都度、確認しながら、すこしずつ可能性を引き出していくのかもしれません。いつでもなにか新しい形を創り出そうと、模索し続けているのでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告