Views:19
公開日:2021年05月01日更新日:2021年07月15日

ひとつのテーマに没頭することで
新たな発見をする人

大学のゼミのような、小さな研究室で行われている講義や研究のイメージを持つサビアン・ワードです。すでにその分野の基礎知識を網羅している仲間たちが集まって研究すると、どんどんより細やかな箇所にまで意識が向けられていき、急速に新しい知識への理解と発見が進んでいきます。ある種のオタク集団というか、マニアックな人たちが徹底的にひとつのテーマを突き詰めることで、まったく新しい見識を広げることが予見されるでしょう。

実際に時代を切り拓く最先端にいるのは、このような人たちです。研究室の中でさまざまなことに対する仮説を立てて、検証し、新しい技術や発見や知識を生み出していくのでしょう。やがて、そこで生み出されたものが、わかりやすい一般の製品として形を変えて普及していくことになるのかもしれません。

この度数を持っている人は、オタク気質で、細部にこだわり、ひとつのことを突き詰めていく資質があるでしょう。オープンに開かれた場所で働くよりも、閉鎖された環境に適応し、マニアックな仲間たちと共に、気になる分野を徹底的に探求することに充実を感じるかもしれません。

非常にストイックな質があり、仮説を自分自身の身で実証することで、確信に変えることができるでしょう。一般的に理解されないことでも、そこに通じた仲間がいることで、より深く研究に没頭できそうです。

偏りはあるかもしれませんが、いくつもの成果を作り上げることができる人。どんどん実験の場に自分自身を置きましょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告