Views:29
公開日:2021年05月01日更新日:2021年07月15日

自分の内側にある
子どものような感受性を受け容れる人

体育の時間に子どもたちが体操着に着替えて、校庭に集まっています。そこでは身体を鍛えて、集団で動いてゆく規律を学びます。しかしあくまで対象は子どもたち。なかなかうまくできない子もいれば、きちんと列に並べない子もいるでしょう。やる気をなくして外へ出てこない子もいるかもしれません。

山羊座は社会の中で役立つ自分でいるために、個人的な感情を切り捨ててきました。ですが実際のわたしたちには心があり、ここを無視しているとさまざまな弊害が起こります。わたしたちの感情を解放することが世界とシンクロする鍵であり、自然と調和してうまくやるための最後のパーツ。山羊座の対面の蟹座が象徴する、わたしたちの内にある子供っぽさや感情のムラを統合することが、より強い自分になるための近道といえるでしょう。

この度数を持っている人は、自分自身の心を扱うことが、自身を成長させる鍵となりそうです。大人としてうまくやりたいのに、たびたび子どもっぽい感情があふれ出て、すべてを台無しにするようなことが起こるでしょう。

しかし、そこで自分の心に蓋をしても、外側から心を揺さぶるような人や出来事がやってくるだけです。わたしたちは自分の心をどこにも隠すことができません。そこで自分自身を受け容れて、子どもっぽさを少しずつ取り込むための訓練を始めます。実際にスポーツを通してメンタルを鍛えたり、子どもたちや若者たちの教育に関わったりする人もいるでしょう。

いずれにしても自分の内側にある感受性や素直な質を活かしていくことが大切です。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告