Views:5
公開日:2021年03月10日更新日:2021年04月09日

古い知識や情報に興味を抱いて学ぶ人

宿り木は、ほかの樹に寄生して、その栄養を吸い取って成長する植物です。その不思議な形態を見て、古代のケルト人たちは、宿り木には復活や再生の秘密を司る不思議な力があると信じていました。そのため、海外ではクリスマスの時期になると宿り木を玄関に吊るして、復活と愛の力をそこから得ようとする習慣があるそうです。

またクリスマスの時期に赤い実をつけるヒイラギはクリスマス・ホーリーと呼ばれる聖なる木。キリストの受難と血のシンボルでもあり、リースとしてたびたび飾られることがあるでしょう。

いずれにしてもこれらは古い知恵や自然なものへの回帰を呼び起こさせるかもしれません。自分自身の体験のみならず、人間がこれまで学び、創り上げてきた叡智の源とつながるようなところがあり、古い人類の記憶にアクセスして、そこから情報を出し入れすることのできる可能性があります。

この度数を持っている人は、知性の力がとても豊かであると同時に、理路整然とした思考回路を確立することができるでしょう。古くに成立した叡智や伝統的な思想に興味を抱いて、さまざまなことを学ぶ人もいるようです。

やや保守的なものに惹かれる傾向がありますが、それらがどのように成り立ち、どんな構造を持っているのかを理解して、それらの持つ知恵を使いこなすことができるでしょう。中には叡智の源に直接アクセスして、情報をダウンロードするような人もいるかもしれません。いずれにしても、個人を超えた領域にある知性に興味を抱くことがあるでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告