Views:138
公開日:2021年04月01日更新日:2021年11月10日

対人関係において
悩まされた経験が糧となる人

自分の内側にあるものを外の世界に対してオープンに開き、さまざまな人の意見や反響で生き方を変えていくのが天秤座の世界観です。しかしその時に、強烈に自己主張を押し付けてきて「絶対にそうするように」と強い意志を持って、迫ってくる人がいたとしたらどうでしょうか。あるいは言うことが定まらず、こちらに求めてくることが二転三転して、仮に何かを提案したとしても、また別のものが返ってくる人が相手だとしたらどうでしょう。

他者との関係においてコミュニケーションをとりながら押したり引いたりするのが天秤座です。しかし、押されっぱなし、引かれっぱなしの相手につかまるとどうしていいのか、身動きがとれなくなるかもしれません。

サビアン・ワードに描かれている嵐とは、関係性において何が起こるのかわからないままに巻き込まれていくような嵐。前にも後ろにも進めなくなって、改造する必要があることが、立てかけられているボートに示されているでしょう。

この度数を持っている人は、対人関係において振り回されたり、どうしていいのかわからなくなったりした経験が何度かあるかもしれません。そのたびにどんな距離感で、どのように接したらいいのか、わからなくなったことがあるでしょう。風のエレメントに属する天秤座は公平であることを大切にしますが、他者との関係でどういう風にそのバランスをとれば良いのか、悩むことにもなりそうです。

しかし、この経験こそが、この人のカウンセラーとしての質を磨かせることになるでしょう。思い悩み、みずから改善してきたからこそ、対人関係の中で起こる問題にどう対応すれば良いのかが鍛えられたのかもしれません。

また、どのように自分を着地させれば良いのか、道を見失っている人に寄り添って、対話を重ねながら、ある方向を示すこともできるようにもなるでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告