Views:58
公開日:2021年04月01日更新日:2021年11月10日

何事も客観的に俯瞰して、
全貌を把握する人

天秤座は世界の中に自分自身を明け渡して、それがさまざまな人に投影される姿から、自分を知り、自分を磨いていく星座。また同時に多くの人たちとつながり、その多彩な価値観に触れることで、どのような考えに対しても公平な見方をすることを学んでいきます。

そして多くの見解の中に共通する調和点を見つけ出すことも天秤座の働きです。ひとつの素材を使ったレシピは多くあれど、どのレシピにも共通していえることは「美味しく食べたい」かもしれません。社会に対するさまざまな意見があったとしても、その共通点は「もっと良い社会にしたい」かもしれません。そのような、ある物事に関する共通の調和点を見つけるためには、細部に入っていくよりも、引いていって、全体を観察する必要があるでしょう。

高く舞う飛行機は地上から距離を取ることで全体を観察することができます。よく晴れている澄んだ空からは、日常の様子を客観的に俯瞰することができるでしょう。

この度数を持っている人は、何事に対しても、それがどのようになっているのか、その全貌をとらえようとするかもしれません。そのためには自分が関わっていることに対しても、どこか客観的でいるようなところが必要です。

話の細部に没入せず、特定のものに共感しないため、まわりの人たちからはクールに見られることもあるかもしれません。日常的なことよりも、物事の全体を動かしているものがなんであるのかということに興味を抱きやすいでしょう。

全体の流れや雰囲気を把握し、理解することのできる才能を持っています。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告