Views:3
公開日:2021年05月20日更新日:2021年07月15日

人が本来持っている
たましいの力を取り戻させる人

復活祭はキリスト教圏内において、クリスマスよりも重要な行事とされています。キリストの復活は、人間の原罪が許されたあかしであり、それはたましいの救済の象徴といえるでしょう。

人間のたましいは本来、光に満ちあふれていて、愛と情熱であり、喜びであり、平和なものです。さまざまなことに好奇心を抱いて、実際にやってみたい、行ってみたい、やってみたいといった気持ちを抱かせるのも、たましいの働きの恩恵だといえるでしょう。

しかし、わたしたちの多くは、日常生活を粛々と送る過程において、その欲求を隠したり、抑えたりしています。毎日のルーティン作業に追われているうちに、何が楽しくて、何がしたかったのかを忘れてしまうことがあるでしょう。

復活祭のパレードは、そのような状態に陥っているわたしたちのたましいを解放することを助けてくれます。

この度数を持っている人は、個人が潜在意識下に持っているさまざまな感情や欲求を明らかにさせて、そのはけ口を作り出すことができるでしょう。楽しいことやお祭り騒ぎが大好きで、みんなと一緒に自身のたましいが震えるような体験をすることを望んでいるかもしれません。みんなを巻き込んでパーッと楽しく明るい気持ちにさせることで、人間が本来持っている自由な躍動感や生命力を取り戻させるでしょう。それは歓喜であり、たましいの復活です。

多くの人たちを熱狂させるような演出や見せ方がうまく、なかば混沌とした、活性化した状態をもたらす人といえるでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告