Views:24
公開日:2021年04月20日更新日:2021年07月15日

理想の環境に身を置くことで
自分を成長させる人

ペリカンはみずからの胸に穴をあけて、その血を子どもたちに与えて育てるという伝説があります。この逸話からペリカンは最も強い子孫への愛を持っている動物とされて、自分の愛を捧げたキリストの象徴であるともされているそうです。

そんな深い愛情を持っているペリカンが子どもたちのために良い場所に引っ越そうとしているサビアン・ワードです。これは射手座が自分の可能性を最大にまで引き出せる理想の土地を求めて引っ越すということに通じるでしょう。

射手座は前半の度数のうちに自身の精神性を最高にまで高めて、解放することを経験します。その意識を持ったまま、現実の世界の中での理想の実践がいよいよ始まるのでしょう。

そのためのふさわしい場所を見つけ出すことがここでは描かれています。

この度数を持っている人は、自分が理想の状態で生きるためには、どこで暮らすのがふさわしいのかということを考えて、実際に引っ越す可能性があります。ずっと同じ場所に暮らして、その地域の生き方に馴染むということは、時に人間の持っている可能性を制限することにもなるでしょう。もっとも自分の可能性を引き出し、純粋に成長させることのできる環境はどこなのか……自分にとっての理想の場所を探し出して、引っ越すことが何度かあるかもしれません。

また、子育てを通して、子どもの才能を引き出すために最もふさわしい場所を見つけようとすることもあるでしょう。さまざまな汚染や誘惑を断ち切って、最も良く成長できる場所を探し出し、実践する人といえそうです。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告