Views:39
公開日:2021年04月20日更新日:2021年07月15日

ありきたりの形のなかに
自身の理想をのせる人

さまざまな経験をした射手座がようやく見つけ出した素晴らしい思想や技術を、みんなも体得して実践すれば世界がもっと良くなるのにと思って、一生懸命に普及に努めます。強く熱く訴えることで、それは多くの人たちの心に響きますが、しかし同時になかなか思ったようには根付いていかないということも起こるでしょう。

なんだかんだとみんな日常が忙しく、一時的な影響は受けたとしても、いつものルーチンと慣れたやり方から逸脱することができません。そこで逆に、みんながすでに馴染んで使いこなしているものを利用して、そこに理想的な思想を盛りこもうと考えるのがこのサビアン・シンボルです。

橋は陸と陸のあいだに渡りをつけるもの。そのあいだを流れているものが射手座の志している美しい理想だとすると、古くから馴染んでいて、誰もが安心する橋を使うことで、もっとすんなりと思いが行き渡るようにと試みるのでしょう。

この度数を持っている人は、多くの人たちにアプローチをするために、あえて普通のやり方を選ぶことがありそうです。変わったことをするよりも、みんながやっていることがどんなことなのかを観察して、見つけ出し、その中に自身の理想や思想をうまくのせていくでしょう。

日常の中に根付いている伝統的な教えや、古くから伝わる伝承や習慣に興味を持つこともありそうです。みんながわかりやすく理解できる教えや形を使うこともあるかもしれません。射手座が最大限までに壮大に広げた理想を着地させる準備が始まったのでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告