Views:34
公開日:2021年04月10日更新日:2021年07月15日

他者と一体化して
成し遂げることの喜びを知る人

ある観光ツアーの内容に惹かれて各地から集まってきた人たちが、ひとつの大型バスに乗り込んで、さまざまな体験を共有しているうちに、次第に打ち解けあっていきます。最初はどこかよそよそしくても、同じ体験をして、似たような感情を味わっているうちに、そこに共感が生まれて、ついには「あの体験を共にした仲間」というような気分になるかもしれません。深い旅を共に味わい、否応なく、その本音を語り合うことになった仲間とは強い絆で結ばれて、その後も関係が続いたり、思い出すたびにおもしろおかしく感じたりすることがあるでしょう。

蠍座は他者と深く関わることを通して自分にないものに気づき、またそれを補完しあうことを目的としたサイン。自分の一部を満たしてくれる相手とひとたび巡り合ってしまうと、わたしたちは彼らから離れることができなくなるでしょう。

それに気づくためには、何か特別な体験を共に過ごすという時間が必要となるのかもしれません。

この度数を持っている人は、他者と共に何かをするということの喜びを知っているでしょう。どこかのタイミングで誰かと強制的に関わって、一緒の時間を過ごすことになったとき、そこにある苦労も、それを乗り越える達成感も、共に味わうことになります。

そこで得られる深い結びつきや信頼、愛情……決してひとりではできなかった事を成し遂げるという喜びをひとたび知ってしまうと、もう何をするにしても、ひとりでするのは物足りなくなってしまうかもしれません。

他者とのあいだに深い結びつきを作り出すのが、蠍座という星座です。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告