Views:213
公開日:2021年02月08日更新日:2021年02月12日

生まれついた環境の中で自分を磨き上げる人

牡牛座は自分の生まれ持った資質を才能として現実世界の中で開花させていき、自身の手で心地よく豊かで安定した生活を送ることを目的とした星座。ひとつ前の牡羊座では、自分の可能性をさまざまな角度から切り拓いていきましたが、牡牛座ではそれをいよいよ実践的に活かしていく段階に入ります。

このサビアン・ワードが指している山というのは個人であり、それが所有している資質を含んだもの、といえるでしょう。山にはたくさんの資源が眠っているように、わたしたちの内側にも多くの可能性が潜んでいます。流れている小川は、その肉体に受け継がれてきた血脈の流れを示しているのかもしれません。

わたしたちの個人の能力は、その家系の特質を多かれ少なかれ含んでいるでしょう。また、どのような時代に、どの家に生まれついたのかによっても、ある程度の人生の選択肢はおのずと定められていきます。

この度数を持っている人は、自分生まれや出身、肉体が受け継いだ才能といったものを使いこなしながら、環境に定められた枠の中で、自分の道を進んでいくことになるでしょう。その時々の目の前に置かれている環境に馴染み、その中で成果を上げることを純粋にめざすかもしれません。生まれついた家系や、あるいは結婚した先の家業などに巻き込まれて、翻弄される人もいるでしょう。

しかし、そのような環境の中で自分の質を磨いていき、人生を拓いて、心地よい居場所を見つける強さを秘めた人です。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告