Views:41
公開日:2021年03月13日更新日:2021年05月18日

信念を軸にして
多くの人とつながっていく人

乙女座は主観を抑えることで客観を発達させるサインですが、主観が欠けることによる不安定さを補うために、なにかしらの外側の基準を採用することにしました。それはある種の「こうあるのが良い」と記された基準ですが、それを規範とすることで精神が安定して、客観的に自分を整えることができます。そして今度はその基準を通して世界を眺めてみると、間違いや不平等さが多くまかり通っていることに気づかされるでしょう。

乙女座は柔軟宮の星座ですが、この柔軟宮の特徴として、まず自分が外側の環境からの必要に応じて変化していき、次に自分自身が変化して身につけた能力をもって世界を変えていくように働きかけることが挙げられます。乙女座は「どう見られているのか」という客観が発達するサインですが、ここでは見た目の違いではなく、その奥にある本質に踏み込んでいって、そこでアンバランスなものや足りていないものを補おうとするでしょう。

この度数を持っている人は、自分の信念を大切にしていて、それをベースとした生き方を構築する傾向がありそうです。ある種の信念をみずから実践してみせて、それがいかに正しいかということを証明すると、今度はまわりの人たちにその生き方を普及させようとするでしょう。実際に役立つことをし、自分のおこないによって世界が良くなっていくことは乙女座にとって喜びにつながります。

そのため、良いと思っていることをみんなに教えて、間違っているものを正そうとする思いが出てくるでしょう。

サビアン・ワードにあるように、博愛主義者であり、相手が誰であっても、受け容れてつながっていこうとする愛の持ち主です。そしてまた「これが良い」と感じたものであれば、異文化や馴染みのないものであっても、積極的に取り込んでいこうとするところがあるでしょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告