この恋にまだ望みはある? 結果

審判・逆位置

審判・逆位置

いまから恋や愛情を長続きさせる行動をとろうと思っても、すでに手遅れの状態。この恋の望みは絶たれてしまっているようです。
これまで、恋を盛り上げるきっかけはいくつかあったはずなのですが、それに乗り遅れてしまったみたい。いまさら慌てて、気を使ったり優しくしたりしてみても、離れてしまった相手との距離を改めて認識せざるをえないような結果しか待っていません。
恋にも、タイミングやスピードが重要なときがあるのです。それを逃してしまうことのないよう、今回を反省して今後同じ失敗をしないように気を付けるようにしましょう。

カードの説明

審判・逆位置:
目覚めのときがやってきました。目を凝らして、意識して、いままでそこにあったものを眺めてみましょう。心のありようが変わることで、当たり前にそこにあったすべてのものが、生まれ変わったかのように輝いて見えるものです。すべては内側の心が共鳴して起こっている、ということを覚えていてください。

キーワード:
結果が出る・過去を思い出す・目覚めのとき・再会・再生・復活

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告