この思い、あの人に届く? 結果

審判・逆位置

審判・逆位置

思いを届けるのは難しいようです。忙しさや環境の変化に巻き込まれて、見つめ合ったり話しあったりする余裕が生まれません。相手も同じように忙しいので、自分だけが余裕を見つけても、無駄な努力に終わるでしょう。
気持ちを伝えるための行動を最優先すれば、実現は難しくないかもしれません。ただ他のことを犠牲にするには相当な覚悟が必要ですし、気持ちだけが伝わっても現実的ではないために、いい結果が出ないかもしれません。

カードの説明

審判・逆位置:
目覚めのときがやってきました。目を凝らして、意識して、いままでそこにあったものを眺めてみましょう。心のありようが変わることで、当たり前にそこにあったすべてのものが、生まれ変わったかのように輝いて見えるものです。すべては内側の心が共鳴して起こっている、ということを覚えていてください。

キーワード:
結果が出る・過去を思い出す・目覚めのとき・再会・再生・復活

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告