Views:197
公開日:2022年08月20日更新日:2022年08月20日

バランス第一の調停者

他者と一緒に共働することに喜びを見出せる人です。高い協調性があり、どこへ行ってもすっと場に馴染んで、ずっと前から仲良かったかのようにふるまうことができるでしょう。人と調和してうまくやることは、あなたにとって何よりも大事な要素であり、そのために骨を折ることを厭いません。

そのため誘われたり、頼まれたりすると、したいかどうかはさておき、無理のない範囲で引き受けようとするでしょう。新しい物事がそのように関わる人たちとの流れの中で始まっていくことがたびたびありそうです。

自分から積極的にグイグイと押していくことはしませんが、どのようにふるまったら目の前の相手が喜んでくれるのかを察することがうまいので、さまざまな人たちとの関係がうまく運び、結果としてあなたの望むように進んでいくことがあるでしょう。

他者と一緒に働くことで、単独でするよりも多くのさまざまなことが実行できることを心得ているので、関係が良好であり、みんなで協力し合うこと、そのものがあなたのモチベーションにつながります。

しかしその一方で、競争を楽しむ要素もまた同時に、あなたの中にはあるでしょう。面と向かって敵対心を露わにするかどうかは、その時々の状況によって変わりますが、心の中でライバルを特定して密かに打倒を試みることもあれば、面と向かって堂々と戦うこともあります。

あなたにその気がなくても、相手から戦いを挑まれることもあるかもしれません。

天秤座は正義と関わるため、公正に欠けるときや、誰かが一方的に不当な扱いを受けているのを見たときは、厳しくその事実を言及するでしょう。

基本的に平和主義で不調和な状態にならないように、まわりのバランスをとることが多いのですが、公正でないときは別です。そういうときはみんなのために戦いに挑み、しっかりと相手や状況に対する不服を申し­立てて、それがいかにおかしいのかということを論理的に主張するでしょう。

そういうときは必ず相手を論破しようとする意志の強さがあります。そのためパッと思いつきで話すのではなく、しっかりと頭のなかで前後関係を整理してから、話し始めるかもしれません。

どんなことでも行動するときは、あらゆる可能性を吟味してから決めようとするでしょう。ここではどの選択肢がベストなのか、ここではどんな問題が起こり得るのか……検討することに時間をかけているうちに、どれがベストであるのか、わからなくなることもありそうです。

選択肢を広げすぎてしまったときは初心に戻って、ここでの一番の目的に立ち戻ると良いかもしれません。

同様にみんなの意見を聴いているうちに、何が最適解なのかを見失うことも。そういうときは、あなた自身がどうしたいのかという一石を投じることで、バランスを再び見出すことができるでしょう。

「火星のチャート」の解説はこちらから

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告