Views:235
公開日:2022年10月07日更新日:2022年10月07日

破壊の神か、英雄か

火星はギリシャ神話に登場する戦争の神・アレスを象徴とする惑星ですが、これが対外的な人格を表す1ハウスに位置することで「私がアレスです」という姿を周囲に見せていくことになるでしょう。

火星というのは強く主張する働きがあるゆえに、周囲の人々に何かと強いインパクトを与えることが予想されます。遠慮することなく、しっかりと自分を主張することが得意で、意見が対立したときには、簡単に好戦的にもなれるでしょう。

相手が強気であればあるほど、こちらも一歩も引かない態度を見せることもあり、この性質によって、しばしば対人関係での対立を引き起こすかもしれません。

しかしアレスはギリシャ神話界きってのイケメンであり、愛と美の女神アプロディーテを愛人とするほどの魅力の持ち主。火星には人を惹きつける輝きと煌めきがあるため、誰かを傷つけるのではなく、勇気が必要な状況において、真っ先に飛び込んで表現してみせることで、周囲から賞賛を浴びることにもなるでしょう。

どんな分野であっても、誰かに続くのではなく、一番に飛び出していくことを好みます。成功するか否かに関わらず「最初にやる」「達成してやる」という気概をもってチャレンジするのです。

グイグイと物事を推し進めていく力があるため、もしリーダーとなったら、みずから新しい道を開拓していきます。とてもエネルギッシュで明るい力が満ちているため、他者を鼓舞して、励ますことも得意でしょう。みずからの勇気をもって、人の勇気にも火をつけるのです。

何事に対しても大胆で活動的である代わりに、時間をかけて、静かにコツコツと繰り返していくことは苦手でしょう。細やかさや配慮を必要とされる事柄よりも、思いきりの良さやダイナミックな動きを必要とされるほうが、本来の生命力がイキイキと輝きます。

衝動的で落ち着きのないところもありますが、体当たりで立ち向かっていくような状況においては、よく働いて、高い成果を上げられるでしょう。運動神経がよく、実際に大きくエネルギーを動かしていくような活動を楽しめる傾向があります。

思い立った瞬間に動き出せるところが良い点ですが、ゴールしか見ずに飛び出してしまうと、思わぬ事故に遭うかもしれないので、注意が必要です。

良くも悪くも自己中心的で、それがうまく働く状況においてはヒーローとなって人目を惹きつけ、他の人にはできない難しいことを達成させる力となります。

悪いほうに働くと他者への配慮に欠けて、反対意見を認めず、対する人を激しく否定したり、怒ったりすることで争いを招き寄せることになるでしょう。

他者の視点や考えを理解しようと努めることが、生来の性質を成熟させるカギ。「人は人、自分は自分で、それぞれでいいのだ」と思えるようになると、誰が相手であっても、上手く付き合えるようになりそうです。

「火星のチャート」の解説はこちらから

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告