Views:55
公開日:2023年01月10日更新日:2023年01月10日

虹の戦士

9ハウスという天頂に近い配置の火星を持つと、向上心が高まり、理想に向かって活動していこうとする意欲が絶えず湧き起こるようになるでしょう。

上へ上へと向かっていこうとする勢いがあり、それは知らない世界を知り尽くしたい、体験してみたい、冒険したいという欲求にもつながります。

実際にいつまでも向学心を失わず、学び続けること、そして旅をすることがライフワークとなるかもしれません。知らない土地へ出かけていき、その土地の文化や歴史や風習に触れることで、知的欲求がおおいに刺激されるでしょう。

学びと旅と体験は見識を広く深くしてくれるものであり、人々の営みの根源に触れるほど、精神が潤沢に満たされて、大きく開放されていくかもしれません。

また、学びや旅を通して知り得たことを、自分の言葉に置き換えて紡ぎ直し、それをより多くの人たちに伝えたいという欲求が湧くこともあるでしょう。生まれながらの旅人、学生そしてジャーナリストといえるような火星の持ち主です。

同時にさまざまなことに興味を持つため、いつも忙しく、アクティブに過ごす傾向があります。

多くのことを知るほどに、自身の理想や大義を見つけることにもなるでしょう。ひとたび、何か信じるものを見出すと、そのために力を向けていきます。

信念を熱く語るようになると、それに反するもの、異議を唱えるものが出現すると激しく反発して、意見を戦わせることに躊躇がなくなるでしょう。討論はこの火星の望むところであり、正義と法を盾に持論を展開し、相手のものを論破しようと鋭い弁舌を奮います。

あふれる正義感によって、時に虐げられた人たちのために、自身が代表として立ち上がることもあるでしょう。すべての人が法によって守られることを理想として、そのために勇気をもって行動するのです。

強い信念が人生の一部分となり、その考えが日常の指針となって、あらゆる関係性や生活様式にまで影響することがあるかもしれません。

信念や理想や大義を大切にしながらも、他の人にも大切なものがあり、異なる見方もあるのだということを理解することが必要です。そうしなければ、人生の体験の幅が狭まって、見解を広げたいはずなのに、ある考えのなかに妄信的に固執することになりかねません。

自身の見解を持ちながらも、常に他を受け入れるような余裕を持つことで、世界観がより広がり、アカデミックに活躍することができそうです。

世界を知り、全体のために貢献したいと願うあなたの気持ちが昇華されるためにも、その葛藤を乗り越えることが必要でしょう。

「火星のチャート」の解説はこちらから

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

チャートの不都合については、あわせて入力データについてもお知らせください。

スポンサー広告