山羊座土星で占う2019年の課題 結果

◆土星が第3室を通過するとき◆

日常生活を心地よく再構築する時期

土星

3ハウスはわたしたちの日常的な生活環境や、日頃のおこないや態度、習慣、コミュニケーションの方法などを表しています。
普段わたしたちは忙しい日々のなかで、それらのことを特に気に留めることなく、過ごしているでしょう。
なかば無意識のうちに、何気なく「いつも通りの」生活をしていることがほとんどです。

しかし、ここを土星がする時期には、いつも自分がどんな風に暮らし、選択して、対応しているのか、改めて見直す必要があるでしょう。
いま、あなたが生活している身近な環境と、身のまわりにいる人たちが、この3ハウスともっとも関係しているものです。
そこに意識を向けることで、変えたり、見直したりする必要のあるものが、明らかになってくるでしょう。
改めたい生活パターンなどがあれば、しっかりと改善するチャンスです。

なかでも、対人関係における態度やコミュニケーションには、意識を向けていきたいタイミングです。
普段から誰とでも気持ちが十分に通じ合い、円満な関係で満ち足りているなら、特に問題はないでしょう。
だけれども、もし、たびたびうまくいかないことがあったり、同じようなパターンで行き違ったり、ぶつかり合ったりすることがあるなら、改善して、新しいやり方に変えていくときです。

いつも慣れているコミュニケーションの方法を変えるのは、そうたやすくはないでしょう。
なかなかうまくいかず、むしろ家族や友達と一時的にうまくいかなくなったり、失敗したりするかもしれません。
そして、コミュニケーションそのものに対して「もうしたくない」という気分になることさえあるかもしれません。
しかし、いまはそんな現状を受け容れたうえで、新しい対話の土台を作るとき。
正しいかどうかはさておいて、自分にとっての心地より方法、付き合い方、心の開き方などを学び、試していきましょう。

日常生活のなかに自分の価値と可能性を反映させていきたいときです。
毎日の過ごし方や、いつもの環境、身近な関係に対して、もっと意識を向けて構築していきましょう。
もし、この時期に身近なところでトラブルや失敗が起こったとしたら、それは自分にとって必要なものがなんであるのかを学んでいるあかしです。
そこをヒントに、より自分にとって過ごしやすい方法を見つけ出していきましょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告