山羊座土星で占う2019年の課題 結果

◆土星が第9室を通過するとき◆

目醒めた意識でさまざまなことを理解する時期

土星

これまで積み重ねてきた希望への努力が結実するときが近づいてきています。
それはわたしたちの自己実現への道のりです。
それは土星が9ハウスを通過して、天頂に達するときに起こるでしょう。
いまはその直前に土星があり、自分自身の人生の展望を見通すときです。
変容のときを経て、わたしたちの意識がなにかを超越しようとしています。
目の前からバーッと霧が晴れたかのように、さまざまなことに対する理解が最高潮に達するでしょう。

この時点で自分自身のことや進むべき道のりや学んできたことに対する理解がどこか不透明だとしたら、土星が次の周期に達するまで待つ必要があるかもしれません。
再び土星が1ハウスへと達する、およそ9年後に新しい種をまき始めることになります。

きちんと自分自身と向き合って、努力を積み重ねてきた人は、いろいろなことが急に腑に落ちて、理解できるようになるでしょう。
自分の歩んできた軌跡と、これから進むべき道が大きく広がって見えるかもしれません。
これまでの答え合わせのように「なぜ、あのとき、ああだったのか」「自分はどうして、そのような選択をしてきたのか」ということがわかるでしょう。
またより効率的な方法や道筋も見えてくるかもしれません。

だけれども、これがすべてだと思わずに、更に多くのことを知ろう、学ぼう、見ようとすることが大切です。
もし、これだけで十分だと感じて、なにかをわかったような気になっていると、大きな見落としがあることに、あとで気づかされるでしょう。

この時期にさまざまなことを学ぶことは大きなプラスとなりますが、それを実用的な結果をもたらすものであることが大切です。
土星が天頂へ向かいつつあるいま、自分という人間が世界にとって、どれだけ有益であるのかを示すときが近づいています。
いまは抽象的なことを学ぶよりも、現実を知るのに役立ち、自分のしていることに実際的にプラスとして使うことのできる学びと理解を得るのにふさわしいときです。

このハウスで超越した意識をもって、より多くの理解と見識の広さを養うことができたなら、それは土星が10ハウスを通過するときの、大きな武器となり、収穫をもたらすでしょう。
現在の地球で起きていること、この社会の成り立ちとルール、そこでの自分の立ち位置と役割など。
それらを眺めて、理解しながら、自分自身の伸びしろを最大限まで伸ばし、活かしていきましょう。

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告