Views:6,912
公開日:2018年12月30日更新日:2019年12月30日
カテゴリ:
2020年の運勢・蠍座の運勢

天王星が対向する牡牛座に入った影響で、じわじわと変化が迫ってきています。天王星がもたらす影響は「進化すること」ですから、さまざまな状況において、これまでとは異なる局面を迎えることになるでしょう。それは自発的に内側から湧き上がってくる欲求によって起こる場合と、唐突に外側の「事件」によって、もたらされる場合とが考えられます。蠍座にとって、他者からの影響で人生が変遷していくことは、ある程度の年齢になると「慣れっこ」になることもあるでしょう。またしても、その「やってくる運命を受け入れて、人生が変遷していく時期」を迎えているのです。

いま目の前にいるパートナーを通して、変化がやってくることも多そうです。配偶者、恋人、子どもや親、ビジネスパートナー、親友、上司部下、先生や生徒、コーチやクライアントなど、どんな関係であれ「密接な関係で、何かを共に分かち合っている相手の誰か」が、なにか別のことを始めようとしたり、これまでの生き方から変わろうとしたり、変容の時期を迎えていたり、あるいは「事件が起きたり」することで、否応なしに、こちらも巻き込まれて、変わらざるを得なくなることがあるでしょう。自分の身の上に起きたことではないので、どうすることもできません。できることは唯一、何かしら起こる変化に対して、その都度都度でベストを尽くすのみです。

影響を最小にしようと、相手のコントロールを試みても、うまくいかないことが多いので、無駄なフラストレーションを抱えるよりも、自分のためにできることを優先するほうが良いでしょう。生まれ変わりの象徴であり、ネガティブな環境に強い蠍座は、苦しい時期のあとほど、一皮剥けた自分になれることが多いはず。また一見、ネガティブに見える状況は、さらにわたしたちを進化させるために起こっていることです。その潜在的な力を信頼して、変化を遠ざけるのではなく、進んで飛び込んでいきましょう。

2020年は蠍座を取り巻く世界が変容していくのに合わせて、これまでのやり方や考え方を変えていく必要があるでしょう。うまく波乗りしている人を見ていると、そのコツがつかめるかもしれません。きっと、新しいやり方をどんどん取り込んでいるはずです。また心の葛藤があるときは、人間心理を学ぶことが、それを解放する助けになるでしょう。内側にエネルギーを溜め込みすぎると、身体や心にその反動が表れます。エネルギーが滞留するときはなるべく「動くこと」が一番! 実際に動いて、いろいろと試した分だけ、新しい道が広がるかもしれません。

蠍座

2020年のお金の流れ

生涯を通して、あまりお金に困ることのない星座ですが、牡牛座に天王星が入宮することを受けて「お金の稼ぐ手段」が進化するときです。新しい入金経路を開発するのに、もっとも適したチャンス。これまでの道だけだと先細りする可能性があるので、他の道筋をいくつかつくっておくといいかもしれません。

そもそも「人からもらうもの」を象徴する蠍座は、自分の力で稼ぐことのみならず、他者の力をうまく借りて、財産を増やす才能があります。いろいろなものに投資をして、関わることで、入金経路を増やすことができるでしょう。人の縁が増えるほど、さまざまな道が広がっていきます。

まだ使っていない自身の才能を発掘して、新しいやり方、魅せ方、活用法を構築するにも適した時期です。まだそれが明確になっていない場合でも、2020年末から2021年にかけて、グッと変化が加速していきます。それを後手後手にまわって、あとから追従するよりも、先手を打って、いろいろな方法を模索し、開発しておいたほうが、変化の流れにスムーズにのることができるでしょう。

ここぞと思ったら、グッと集中してエネルギーを使うことができるのが蠍座です。その情熱と集中力があれば、大抵のことは、2年本気で頑張ればマスターできるでしょう。その本気の情熱を向ける矛先を定めて、ちょっと気合を入れて頑張りたい2020年です。もちろん、その分の実りがあとからついてくるでしょう。

 

2020年占い その他のメニュー

 

他の星座の2019年の運勢

コラムの一覧を見る

スポンサーリンク

SNSでシェアする

このページに関連するカテゴリ

ご意見や不都合はこちらから

スポンサー広告